スポーツ傷害

スポーツ傷害にはスポーツ外傷とスポーツ障害があります。

スポーツ外傷
スポーツ外傷

スポーツ中に起きた突発性の骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等

スポーツ障害
スポーツ障害

過剰な練習、繰り返しの動作などで発生(野球肘・テニス肘シンスプリント等)特に成長期の子供のスポーツのやり過ぎ、身体の特定部分の使いすぎによる障害が多くみられます。