トップ > 症状別情報 > オスグッドシュラッター病

オスグッドシュラッター病

説明

オスグッドシュラッター病とは、膝の前面の「脛骨粗面部(けいこつそめんぶ)」 という軟骨の隆起している部分が太ももの筋肉にひっぱられて障害が起きた状態を言います。

ジャンプや走りこみ等、繰り返しの動作によって膝周辺に衝撃が加わり、脚の脛骨と言われる骨が出てくることで痛む疾患です。
オスグッドシュラッター病は、10歳代前半のサッカーやバスケットボールなど激しいスポーツをする選手に多くみられます。 若年者に多いのは、骨の形成が発育する過程に関連しているとして考えられています。
スポーツをした後は、忘れずにケアしておかなければ炎症を起こし、痛みを伴うことで長期休養にもなりかねません。 
また、膝の痛みは放っておくと、慢性化していきますので、早期治療をするように心がけることが大切です。
 

原因

サッカー、野球、陸上競技等の走る動作の繰り返しやバレーボール等の屈伸動作の繰り返し等で膝の脛骨粗面部にストレス(負荷)が加わることで起こります。

症状

腫脹、熱感、痛み

歩行時の痛み
しゃがむ動作の痛み
膝の曲げ伸ばしの制限
スポーツ時の痛み
 

施術方法

痛みの強い時期にはソーマダイン(微弱電流)により痛みの軽減を優先していきます。

 
太ももの筋肉を緩めることも大切です。
 
安静が大切ですが、テーピングにより症状の悪化を防ぐこともできます。