トップ > 症状別情報 > シンスプリント

シンスプリント

説明

シンスプリント(過労性脛部痛)は脛の骨の膜(骨膜)や周囲の筋肉に炎症がおきた状態です。

ランナー(ランニングやジョギング等)に多くみられるスポーツ障害で、スネの内側に沿ってうずくような痛みがあります。
運動中は痛みが持続し運動をやめると痛みは治まりますが、ひどくなると日常生活動作の中でも痛みが出てきます。
下腿のランニング障害の中でも最も多い障害でランニング以外でも強度の高いスポーツで多発する傾向にあるスポーツ障害です。
シーズンの始めや初心者が急にトレーニングしすぎて起こしやすい傾向にあります。

原因

オーバーユース

足アーチの低下
 

症状

脛の骨の腫脹、熱感

脛の骨を押さえると痛む
歩行や走行時の痛み
 

施術方法

痛みの強い時期はソーマダイン(微弱電流)により、痛みの軽減を優先します。

 
足アーチが崩れていることが多いので、アーチの矯正も行います。
 
安静が大切ですが、テーピングによる症状の悪化を防ぐこともできます。