トップ > 症状別情報 > 野球肘・テニス肘

野球肘・テニス肘

説明

野球肘とは、成長期に野球の投球動作やテニスの素振り動作によって筋肉や腱、軟骨や靭帯を傷めた状態です。

投球後や動作後に急に肘が痛くります。
成長期のような骨や関節がまだ十分に形成されていない時期にオーバーユースすることで起こることが多い代表的な疾患です。
注意しなければならないのは、痛みを我慢し続けることで、手術をしなければならなくなる可能性が出てくることです。 
また、悪化を防ぐためには、まずは何よりも安静が大切なので、痛みが出たら無理しないようにしましょう。
場合によっては、スポーツ活動を中止する必要性もあるので、専門家の判断を仰ぎましょう。 

原因

野球の投球動作や、バドミントン・テニスの素振り動作によるオーバーユース

症状

内側の痛み

起こる頻度が最も高いのが、内側に生じる痛みです。
 内側には腕を回転させる筋肉、手首を曲げる筋肉,関節の内側を支える内側靭帯があります。
投球時や素振り時に、これらの筋肉と靭帯には、強い力が掛かります。
この状態が過度に繰り返されると、筋肉と骨が接する所で、炎症が生じ、野球肘・テニス肘となります。
 
外側の痛み
起こる頻度は、内側の痛みと比べて少ないですが、重い障害となる可能性があるので、要注意です。
発症初期は、内側に痛みを感じ、放置することにより外側の痛みとなる場合もあります。
 

施術方法

痛みの強い時期にはソーマダイン(微弱電流)により、痛みの軽減を優先します。

関係する筋を緩めることも効果的です。
 
安静が大切ですが、テーピングによる制限を加えることにより悪化を防ぐこともできます。