トップ > 症状別情報 > 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

説明

四十肩・五十肩とは、40歳以上の人から多く発症し、特に50歳代の人に多くみられる肩の痛みや腕の痛みです。

特にはっきりした原因がないのに肩から上腕部にかけて痛みがあり腕が上がらなく、手が後ろに回らなくなる症状の俗称で、医学的には肩関節周囲炎といいます。
五十肩はひどくなると、疼いて夜眠ることも困難になりじっとしていても辛いこともあります。
利き腕に関係なく発症し、まれに両側性に発症することもあります。
 
このような特徴から、当院にはゴルフがやりたいんだけれども肩が痛くてスイングできない方や主婦で家事が思うように出来ないという方が多く来院されています。
五十肩の治癒期間は、長い方で半年以上かかる場合もあります。
 

原因

老化で肩関節の周囲の軟部組織が滑らかに動かなくなり摩擦を生じて炎症を起こし、肩の痛みや運動制限があらわれます。

肩をぶつけたりして外傷がきっかけで発症する場合もあります。

治癒過程

疼痛性筋性けい縮期

症状が現れて憎悪する時期です。明らかな原因もなく発症する肩周辺の部分を特定できない漢然とした痛みで、痛みは一度現れると急速に憎悪することが多く、運動時痛や安静時痛が出現し、重症例では肩周辺から前腕部まで痛みを出し夜間痛のため睡眠が妨げられます。 
 
筋性拘縮期
運動時の激痛や安静時痛が消失し症状が肩関節の拘縮に変わる時期で、痛みは緩和されているが運動制限は著しく、無理に肩を動かそうとすれば痛みが現れます。 
 
回復期
拘縮が少しずつ改善し、痛みや運動制限も減少してきます。 
 

施術方法

痛みの強い時期には、ソーマダイン(微弱電流)により痛みの軽減を優先していきます。

 
筋性拘縮期から回復期には可動域改善のため運動療法も行っていきます。